低身長とは

低身長とは


自分の子供がもしかして同年代と比べて身長が低い?と疑問に思った時、病気なのではないかと不安に思う親が多いのではないでしょうか。

身長が伸びない病気に低身長がありますがいったいどのような症状で、病気と診断される基準は何なのかを知っておいてください。

低身長と言うのは同年齢で同性の平均身長に比べて著しく低い、もしくは成長する速度が極端に遅い事を言います。
単純に身長が低いだけでは低身長とは言わず、医者もその場で直ぐに判断はできません。

病院では1年間の記録を元にどの程度身長が伸びていて、その速度はどの程度なのかを見ながら低身長であるかを判断します。

低身長の原因ですが色々あるため、検査をしないとわかりません。
1番代表的な原因が成長ホルモンの分泌以上で、ホルモン注射を毎日注入して治療をしていきます。

その他にも出産時に小さかった事が原因や、内蔵的な疾患で身長が伸びない場合もあるので、見た目や素人判断はしない方が良いです。

また低身長は病的なものではなく精神的なものや染色体異常による場合もあるため、治療をすれば必ずしも改善されるわけではありません。

低身長の原因は様々なのと治療には時間がかかりますので、悩んでいるのならまずは小児科に受診し、相談すると良いですよ!

低身長の治療法について

低身長の治療はどのような事を行ない、期間はどのぐらいかかるのでしょうか。
低身長の原因は色々あるためそれによって治療の方法が変わってくることを、頭に入れておかないといけません。

ただし低身長と言うと大抵の場合が成長ホルモン異常である場合が多く、その場合の治療法は以下の通りになります。

成長ホルモン異常の場合の低身長の治療法は、通常の子供よりも分泌量が少ない為に身長が伸びていないので、足りない分を補充してあげると言う考え方になります。

かかり付けの小さい小児科ではこの治療は行っていないので、専門医を紹介してもらい成長ホルモンが同年代の子供よりも少ないかどうかを検査します。

そして本当に分泌量は少ない場合は、注射によって毎日必要量を注入していきます。

この注射ですが昔は週に何回か病院に通わないと打てなかったため、親も子供も大変でした。
しかし最近は糖尿病のインシュリン注射と同じで自宅でも打つことが可能になり、負担がかなり軽減されました。

筋肉注射の一種で、ふともも、お尻、お腹などやわらかい部分に打ちます。

副作用はほとんどありませんが、糖尿病などを患っている子供は治療できない事があるためきちんと医師に話しておく事が大切です。

成長速度は最初の1年は速いですがその後はなだらかな伸びになるので、低身長の治療は親子共に焦らず、気長に行っていきましょう。

→身長サプリを探している人はこちらへ