運動

身長を伸ばすための運動とは?


身長を伸ばすためにも運動はとても大切です。
それは運動によって骨が刺激され、成長ホルモンの分泌も促進するからです。
成長ホルモンの分泌は熟睡時というイメージがあるかもしれませんが、運動を始めて15分後から運動後の3時間ほどの時間帯も成長ホルモンが多く分泌されるのです。

特に身長を伸ばす運動の条件としてあげられるのが「縦方向への運動」。

例えば…
・バスケットボール
・バレーボール
・水泳


バスケットボールのようにジャンプするような縦の動きは、骨を縦に刺激するので骨の成長をサポートし、
成長ホルモンも分泌されやすいため、身長を伸ばしやすい状態なのです。
また体のすみずみまで伸ばす水泳も、軟骨を刺激するので身長を伸ばすのに適しています。

ただ大人でもそうですが、運動が苦手な場合もあります。

そんなお子さんの場合は、無理に運動をさせるというよりも楽しく遊ぶことで
体を動かすことから始めましょう。

大切なポイントは
・縦の動きをする運動
・軟骨に刺激を与える運動


ただし、過度な負荷をかけるものは身長を伸ばすどころか妨げになってしまい、身長が伸びにくい環境になってしまいます。

例えば、
・上半身や下半身、一か所だけを鍛える
・ダンベルやゴム、重りなどの器具を使う
・無理をしてでも筋肉を鍛える


などの運動はNGです。

体に負担をかけずに全体運動をすることと、筋肉ではなく骨に刺激を与える
運動を考えることで、身長を伸ばすことができます。


また適度な運動は、睡眠欲や食欲アップにも繋がるので、家に閉じこもって運動不足だと感じたら、お休みは外に連れ出すなどして、お子さんの場合は親も協力してサポートしてあげましょう。

外に出なくても、ちょっとしたトレーニングはできるので、室内でできる簡単なストレッチを取れ入れていくこともオススメします。

背骨を伸ばすストレッチ
①四つんばいになり、両手と床、両膝と床が垂直になるようにする。
②両手と両膝を床に押し付けながら背中を丸める。このときお腹は背中に引き寄せるようにして、背骨を丸めながら伸ばす感覚で。

気をつけたいのは、お子さんが運動が嫌いなのに親が身長を伸ばすために必死になってムリヤリ体を動かそうとしては、余計に嫌になってしまいます。
『身長』のことを言われ続けるのだってストレスになります。

好きなスポーツを見つければ、習い事や部活でするようになりますが、それまでは運動と言っても、特にサッカーや野球、バスケやバレーというように種目にこだわる必要はありません。

成長過程に合わせた適度な運動で体を動かしながら、伸長に良い環境づくりを心がけていきましょう。

身長サプリ