親ができること

子供の身長を伸ばすために親ができること


子供の身長が低いのは可愛そうなので、親ならどうにか伸ばしてあげたいと考えます。
子供の身長を親が何かする事で、伸ばす手助けはできないのでしょうか。

子供の身長を伸ばす為に親が何かできる事は?と考えた時に、まずは身長が伸びる要因を考える必要があります。

伸びる要因は4つで、「遺伝」、「栄養」、「睡眠」、「運動」で、このうちの遺伝に関しては先天的な理由になるため、親は何も手助けできません。

でもその他の「栄養」、「睡眠」、「運動」は親として色々してあげられます。

1、「栄養」。
子供の身長を伸ばす為に骨を強くし、伸ばす栄養素を普段から食べる必要があります。

朝食、夕食とカルシウム、たんぱく質、亜鉛、マグネシウムを含む食事を中心に、バランスのとれたメニューにしましょう。

ファーストフードや出来合いのものは栄養バランスが偏っているので、子供の身長を考えるなら手作りを心がけてください。

2、「睡眠」
身長を伸ばす為に1番必要な事と言っても過言ではないほど、大事な要因です。
子供が早めに寝床にいけるよう促してあげましょう。

3、「運動」
骨を発達させるために適度な運動は大事なので、身体を動かす環境も作ってあげてください。

子供の身長を伸ばす為に親は、栄養、睡眠、運動からサポートをしてあげるのが正解です。

親の身長が遺伝する確率は?

子供の身長は遺伝するのでしょうか。
我が子の身長が将来伸びるのかどうか親なら気になりますので、夫婦で身長が低いと遺伝してしまうのではないかと気になりますよね。

身長がどれぐらい伸びるかは色々な要因があり遺伝もその1つになっていて、将来自分の子供がどれぐらい身長が伸びるのかどうかを、確立してみる事ができます。

身長が遺伝で伸びる確立の計算式は男の子と女の子で違います。

男の子の場合は(父親の身長+母親の身長+13)÷2+2で、女の子の場合は(父親の身長+母親の身長-13)÷2+2になります。

実際に自分自身で計算してみてください。
両親の身長で計算すると今の自分の身長になりましたか?

大抵の人は誤差が生じ、その誤差が数センチの人もいれば10センチ以上も違う事があります。

ですから子供の身長が遺伝するかどうかの確立はあくまで予想にすぎなくて、両親が低いからと言って、この先身長が伸びないと悲観するのは早いのです。

遺伝ももちろん影響しますが、それと同じぐらい生活習慣や栄養素が大事になる事を覚えておきましょう。

逆に親の身長が低くても睡眠を十分にとり、身長が伸びるための栄養素を含めた食事をきちんとバランス良く摂る事で、子供の身長が高くなる確立が上がります。

子供の身長が遺伝によって低い確率でも、身長は伸ばす事が可能である事を覚えておいてくださいね。

→身長は遺伝に関係するの?