遺伝子

身長に遺伝は関係あるのか?


親が身長が低いから、身長を伸ばすのはムリ・・・
そんな風に思っていませんか?

実は遺伝による影響は25%程度で、残りの75%は生活環境などの後天的な要因なのです。つまり、遺伝よりも生まれてからの生活が重要!というわけです。

親は160センチ以下なのに、子どもは180センチ以上だったり、家族はみんな160センチくらいなのに、ひとりだけ190センチ以上なんて人もいます。
食の欧米化と言われていますし、時代の流れで食べるものや生活が変わったことで、日本人の平均身長も変化しています。

だからこそ、余計に身長を「遺伝」とは言い切れないのです。


ただ、家族全員身長が低いことを気にしているのであれば、遺伝を考えて、子どもの身長を予想できる計算をしてみてはどうでしょう。

男子の場合
予測身長={父親の身長+(母親の身長+13)}÷2

女子の場合
予測身長={(父親の身長-13)+母親の身長}÷2
もちろん遺伝を前提に考えられているので、これ以上に背は伸びると考え、予測よりも低い場合には生活習慣(栄養・運動・睡眠)の見直しや身長サプリなど健康補助食品などでサポートすると良いでしょう。

実際に著名なスポーツ選手にはこの計算で予測した身長より10cm以上高くなっているケースもあります。

また年齢的な平均より明らかに身長が低く、低身長を疑う場合には、成長ホルモンの治療を受けることによって、身長が伸びる可能性があるので、専門外来への診察をオススメします。


遺伝で背が低くても背を伸ばすには


『自分が身長に悩んだ経験があり、子どもの身長をできるだけ伸ばしてあげたい』と思うのであれば、生活習慣を見直すことが大切です。

家族全員が太ってたり、背が伸びないと言う理由のひとつに、遺伝ではなく「同じ生活」というのが挙げられます。

・親が好き嫌いが多く、子供も偏食になっている
・親の都合(仕事)で、食事も寝る時間もいつも遅い

こんな生活をしていては、子どもは成長することができません。

また最近の子どもは習い事に忙しかったり、運動をしないでゲームばかりと、生活環境が「身長が伸びない環境」になっていることが多いです。

身長は遺伝よりも後天的要因が重要で、親が大きいから高身長になるというわけではありません。
両親ともに高身長で、将来モデルやスポーツ選手になってほしいと思っていても、生活環境を考えてあげなければ、平均身長よりも低いままで止まってしまうこともあると言うことです。

子どもの身長を伸ばすことを考えるなら、まずは夜遅くまで起きて睡眠が短かったりお菓子を食べてご飯が食べられないといった、悪いことを排除してください。
遺伝だからと悲観することなく、早めの環境づくりを心がけてあげましょう。