身長伸ばす方法!サプリ選びのポイント4つ|身長サプリの部屋 > 身長サプリについて > 身長サプリの副作用が心配?守るべき3つのポイント
心配

身長サプリの副作用が心配?守るべき3つのポイント


身長を伸ばすことで新聞や雑誌などあらゆるメディアで注目されている身長サプリですが、副作用はないのでしょうか。
効果がないだけでなく、効果があったとしても副作用があったら・・・と考えると、コンプレックス解消できるとしても心配ですよね。
やはり安全性は重要なポイントになります。

副作用については、色々出ている身長サプリの中でも配合されている成分も違うため、個々に比較・確認する必要があります。

一般的には天然成分や問題のない成分も多いです。ただそれは正しい飲み方だからの話。

そんなサプリメントであっても、過剰摂取やアレルギー体質、持病がある人は気をつけないといけない成分もいくつかあります。



例えば、身長サプリに配合されている代表的な成分「アルギニン」。
非必須アミノ酸の一種で体内でも生成することができると言われていますが、これは成人の話で、子どものうちはしっかりとした生成ができないので準必須アミノ酸とされています。

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させる成分なので、子どもの成長をサポートする身長サプリメントに配合されている!というわけですが、

そんなアルギニンでも、過剰摂取では下痢や腹痛、胃腸の炎症などの副作用を引き起こす可能性もあります。
また気道に炎症が起こる可能性もあるので、喘息の場合は注意しましょう。

体内で生成される成分に過剰摂取なんてないのでは?と思うかもしれませんが、先ほども話した通りそれは大人の話で、生成が不十分な子どもの場合は決められた摂取量が理想ですし、もちろん大人でも同じことがいえます。

アルギニンの他にも体に良いとされるビタミンでも、水溶性ビタミンなら過剰摂取をしても排出されますが、脂溶性ビタミンは体内に蓄積されるので副作用を起こす危険性があります。

つまり、どんな安全性の高い成分だとしても副作用を起こすリスクはゼロではない!ということです。


身長サプリで副作用を起こさないためにも下記の3つは守ってください。

・用法用量はきちんと守ること
・持病やアレルギーがある場合は医師に相談すること
・長期間飲み続けるときには確認をすること

基本的に用量を守っていれば問題ありませんが、どんなに安全な身長サプリでも自分次第で副作用を起こす可能性があるので充分に注意しましょう。

身長サプリ