身長伸ばす方法!サプリ選びのポイント4つ|身長サプリの部屋 > 背を伸ばすための知識 > 背が伸びる食べ物って?栄養バランスから考えるのが正解
栄養のある食事

背が伸びる食べ物って?栄養バランスから考えるのが正解


成長期に必要な栄養素とは


人間には成長期がありますが、この期間は小学校~高校生の数年間。

この期間の子どもは、親も驚くくらい食欲旺盛になりますが、それは栄養が必要な時期だからです。実際この時期は成人と同じくらいの栄養が必要とされているんです。

成長期に栄養をしっかり摂取しないと、栄養欠乏を起こし、栄養不足から
身長が伸びなくなったり、抵抗力が低下したりします。

最近多い子どものアレルギーや生活習慣病、自閉症などには栄養バランスが
関係していると言う話もあるのです。

では、その成長期に特に必要とされている栄養素は?と言うと
・タンパク質
・鉄
・カルシウム
・マグネシウム
・亜鉛
・ビタミンB群
特に気をつけたいのがタンパク質と鉄の推奨量。
時期によっては思っている以上に必要としているときがあるのです。

まずはタンパク質の場合。
男子は成人と同じ60g/日ですが、12~17歳の女子は成人女子よりも多い55g/日となっています。

また鉄の場合。
12~14歳頃が一番推奨量が多く、男子は11mg/日、女子14mg/日です。※女子は月経があるため積極的な摂取が必要

タンパク質は、人間の筋肉、骨、成長ホルモンなど、あらゆる成長要因に必要な成分ですし、鉄は不足すると貧血になってしまうので、意識して摂取したいものです。


とはいえ、過剰摂取や偏食はよくありません。
上記の栄養素を含め、バランス良く摂取することが成長期には重要です。


身長を伸ばすための栄養素とは


一昔前は、身長が伸びるためにはカルシウム=牛乳と言うイメージがありましたが、この認識には落とし穴があります。

たしかにカルシウムは骨を太く丈夫にする働きがあり、身長が伸びる栄養素のひとつとして大切な役割を果たしますが、単にそれだけでは背は伸びないのです。

先ほど挙げたタンパク質・鉄・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンB群など、
すべてをバランス良く摂取することが身長を伸ばすためには大切なのです。
いつもの食事で一体どれくらい摂れているでしょうか。

タンパク質は「骨や筋肉を作り出す」もので、実際の身長の伸びにつながります。
肉や魚、たまごや豆類、乳製品と比較的摂取しやすい栄養素です。

カルシウムは「骨を強くする」もので、たんぱく質との相乗効果で身長を伸ばします。
吸収率が低いですが、乳製品や魚など、食事に取り入れやすい栄養です。

マグネシウムは「カルシウムの働きをサポートするもの」です。
マグネシウムは手軽にアーモンドやラッカセイなどのナッツ類で摂取はできるのですが、
高カロリーや思春期を早める効果があると言う話があるので、成長期は量を考えて摂取しなくてはいけません。

カルシウムとマグネシウムは2:1のバランスで正常な働きをします。
実は、カルシウムばかりを摂っていると、カルシウムが骨から溶け出してしまうのです。
このような落とし穴があるので、栄養については特に知識を持っていないとうまく体に取り込めていないことがあるんですね。

亜鉛は「成長ホルモンの分泌をサポートする」もの
背の高い人のほうが体内の亜鉛量が多いこともわかっています。牡蠣や納豆、高野豆腐などから摂取できますが、子どもがあまり好んで食べるものではないかもしれません。

このように、日々の食事の中で摂取したい栄養素は摂りやすいものからそうでないものまで色々あります。
成長期に身長が伸びる栄養素を意識しても、毎日バランス良く適量を食べるのは難しいことです。
どうしても不足しがちな栄養素は身長サプリで摂取することをオススメします。

身長サプリ